役立つ情報・信頼できる技術 一般社団法人東京都測量設計業協会

ホーム > 測量用語

測量用語一覧

地積測量図(ちせきそくりょうず)

各筆の土地について所在、地番、方位、隣地の地番、地積及び求積の方法ならびに境界標がある場合はこの境界標等を所定の様式に記載したものをいう。 »続きを読む

地図(ちず)

地図は地表上の地物の位置、形状や地形などをある割合で図化するものである。不動産登記法第14条1項では、登記所(法務局)に地図を備えつけるものと規定している »続きを読む

地図混乱地域(ちずこんらんちいき)

登記所備付地図と現地の各筆土地の位置、形状がいちじるしく相違している特定の地域をいう。  »続きを読む

長狭物(ちょうきょうぶつ)

道路、運河、用悪水路、堤、井溝、導水管、送水管、鉄道線路、軌道又は河川等の施設の敷地を稱し、地籍調査等を行う場合に用いられる用語である。 »続きを読む

大深度地下利用(だいしんどちかりよう)

一定の深さ以上の地下を貯蔵施設、生産施設、交通施設などさまざまな用途に利用すること。 『大地』を意味する『ジオ』と『未開拓地』をさす『フロント』を繋ぎあ… »続きを読む

道路(どうろ)

通常、一般公衆の通行の用に供される物的施設という意味で用いられている。このような社会観念上の道路を個々にみるとその性質は種々であり大きく分けると、公物たる道路(… »続きを読む

道路台帳(どうろだいちょう)

道路管理者が道路の区域、構造等、兼用工作物、占用物件その他道路の管理に関する基礎的な事項を総括して記載した台帳をいう(道路法第28条)。 道路及びその… »続きを読む

道路元標(どうろげんぴょう)

道路の起終点を示す柱で道路の附属物である。我が国において道路元標が制度上定められたのは、明治6年12月10日太政官達第413号により各府県に道路里程調査を命ずる… »続きを読む

液状化(えきじょうか)

地下水を含んだ粘性の少ない砂質地盤が地震等により繰り返しせん断荷重を受けた時、地盤粒子が安定な密な構造配列になろうとし、間隙水圧が上昇し地盤が液 状化する… »続きを読む

副都心(ふくとしん)

都市は単一の核も持った同心円状の構造から発達してゆくことが多いが、人口集中、多種諸機能の集積、交通機関の発達等により、都市が巨大化してくると、郊 外の居住地域… »続きを読む

 

ページの先頭へ

Copyright © 2005- (一社)東京都測量設計業協会 All rights reserved.
東京都新宿区山吹町11番地1 測量年金会館7階 TEL 03-3235-7241/FAX 03-3235-0406