令和2年度 公共物管理及び地籍調査講習会

令和2年度の第2回目としまして、公共物管理及び地籍調査に関連した講習会を開催いたします。
内容としましては、国土交通省国土地理院のご担当者による基調講演をはじめ、用地測量・用地補償並びに地籍調査の実務と最新情報の提供を主にした講習会です。
講義には、各分野のご担当者を講師にお招きするとともに、東京法務局のご担当者には、近年社会問題となっています所有者不明土地への対応につきましてご講義いただきます。
ご多忙中のことと存じますが、多数の方が奮ってご参加下さいますようご案内を申し上げます。
お申し込み頂いた方には、資料の事前配信(Web配信)のご案内を後日お送りさせて頂きます。

講習会開催要領

講習会名称 令和2年度 公共物管理及び地籍調査講習会
開催日時 10月8日(木) 9:50~17:00、10月9日(金) 10:00~17:00(2日間) 【受付開始は両日とも9:30】
会場 新宿区角筈区民ホール 地図を表示
対象者 測量、設計関係技術者等
定員 100名(定員になりしだい締め切らせていただきます)
参加費 東測協会員8,000円/人、県測協会員20,000円/人、一般24,000円/人
CPDポイント 測量:12ポイント/設計:12ポイント(2日間)【予定】
補足事項 【共有メールアドレスをご利用の方】
お申込み時にご登録いただいたメールアドレス宛に「受付確認メール」や「資料事前提供の連絡メール」等を送信します。
メールアドレスを共有されている方(所属組織の代表アドレス等)は、メールの確認忘れ等に十分ご注意ください。

講習の内容

時間 主な内容 講師(敬称略)
(8日)
9:50 〜
10:00
【開会挨拶】 (一社)東京都測量設計業協会
技術委員長 吉川 智彦
10:00 〜
11:00
【基調講演】
・国土地理院の施策について(仮称)
国土交通省国土地理院
関東地方測量部
部長 山後 公二
11:00 〜
12:00
【基調講演】
・スマート東京実施戦略について
(仮称)
東京都戦略政策情報推進本部
~休憩~
13:00

14:00
【用地測量における実務・基礎編】
・用地測量の基礎
・用地測量における作業フロー
(一社)東京都測量設計業協会
技術委員会委員
14:00 〜
15:30
【街路事業等における公共用地補償の概要】(仮称) (一財)公共用地補償機構
15:30 〜
17:00
【土地収用手続きの概要】(仮称) (一財)公共用地補償機構
(9日)
10:00 〜
11:00
【国土調査法等の改正及び第7次国土調査事業十箇年計画の策定ついて】 国土交通省 不動産・建設経済局
地籍整備課
企画専門官 渡部 金一郎
11:00 〜
11:40
【東京都における地籍調査事業の取り組みについて】 東京都都市整備局 都市づくり政策部
土地利用計画課
地籍調査担当 小宮 隆士
~休憩~
12:40 〜
14:10
【地籍調査作業規程準則の改正ポイント及び街区境界調査について】(仮称) 国土交通省 不動産・建設経済局
地籍整備課
整備推進第二係長 大河原 丈拡
14:10 〜
15:40
【所有者不明土地問題への対応】
(仮称)
・所有者不明土地対策の施策について
・相続登記の義務化など法整備について
東京法務局 民事行政部
不動産登記部門
総務登記官 太田 裕介
15:40 〜
16:50
【地籍調査事業費の積算について】
(仮称)
(公社)全国国土調査協会
調査部
次長 松田 真拓(さだひろ)
16:50 〜
17:00
【講習会総括】 (一社)東京都測量設計業協会
技術委員長代行 川上 貴廣
17:00 受講証明書の交付 (一社)東京都測量設計業協会

 

講習会の一覧へ