令和4年度 東京都予算等に対する要望活動の実施

 

 

 

 

 

令和3年9月3日(金)、当協会は都議会自民党主催の予算要望聴取会において要望活動を実施しました。当協会からは岩松会長ほか5名が参加しました。

聴取会で、当協会は、

一 首都東京の着実な発展に向けた公共投資予算の確保について

  1 災害に強い東京にするための社会資本整備の一層の推進について

  2 都内における地籍調査の促進について

二 デジタル化社会に対応した社会資本整備の推進について

  1 公共施設整備・管理のデジタル化・三次元化の推進について

  2 ウィズコロナ時代の業務推進方法に向けた取組について

三 公共施設の品質確保や建設分野の生産性向上に向けた取組について

  1 入札手続きにおける最低制限価格の本格導入と厳格な低入札価格調査の実施について

  2 適正な履行期限の確保、履行期の平準化等の推進について

を要望しました。

都議会自民党からは小宮あんり幹事長ほか多数の都議の先生方が出席され、地籍調査促進や最低制限価格等の導入について意見交換がなされました。